航空会社で仕事をする

ここでお話しすることは、空港で仕事をする方法です。
実際には、空港で仕事をすると言っても様々な形態があります。


まず、客室乗務員です。
機内で乗客の世話をしてくれる人たちのことを言います。
客室乗務員の役目は、お客様のサービスをすることだけではありません。
お客様の安全を守ることも大きな仕事です。


飛行機は、当然パイロットがいなければ離陸しません。
厳しい訓練に耐え抜いた人たちがパイロットの資格を得ます。


グランドスタッフという人たちがいます。
チェックイン、搭乗の手続きなどをする人たちです。
飛行機を運航する為に、運航管理業務のスタッフも一生懸命頑張っています。
整備士も陰で一生懸命頑張っているから、飛行機は安全運航されて行きます。
航空貨物、グランドハンドリングのスタッフ、税関、入国審査、動物検疫、管轄官庁系の公務員、飛行ルートを管理する航空管制官、航空会社の基幹社員、総合職などなど、空港では、想像以上にいろいろな人たちが働き頑張っています。


航空会社の採用というよりは地上職専門会社などによる採用になります。
これ程ジャンルがあるのなら、何処かの部門で空港業務に関わることも出来ると思うのかもしれません。
ただし高い英語力が求められるなどかなり敷居の高いものもあります。どうしても空港で仕事をしたいと言うのではあれば、警備会社のスタッフになったり、清掃業務に加わるというのも方法かもしれません。 一般的に空港業務は変則勤務が要求され、重労働です。


ここでは、航空会社にスポットを絞って就職の方法を追求します。


[Recommend Site]
格安航空会社として有名なバニラエアの航空券を購入出来るサイトです ⇒ バニラエア

Copyright © 2014 航空会社に就職する方法 All Rights Reserved.